お知らせ

メンタルヘルス

2016年12月19日

メンタルヘルスアクションチェックリスト(職場環境改善のためのヒント集)とは、職場環境等の改善方法を提案するために新しく作成されたツールです。従業員の参加のもとに、ストレスを減らし、心の健康を増進するためのヒント集です。

○職場環境改善の進め方 
・職場環境改善を進めるためには、自分たちの職場でストレス対策に役だった事例を集めることが大切。
・良好事例から学んで対策を進める。

職場環境改善のためのヒント集の項目

  領域 アクション項目
A

作業計画参加

と情報の共有

1.作業の日程作成に参加する手順を定める
2.少数人数単位の裁量範囲を増やす
3.個人あたりの過大な作業量があれば見直す
4.各自の分担作業を達成感あるものにする
5.必要な情報が全員に正しく伝わるようにする
B

勤務時間と

作業編成

6.労働時間の目標値を定め残業の恒常化をなくす
7.繁盛期やピーク時の作業方法を改善する
8.休日・休暇が十分取れるようにする
9.勤務体制、交替制を改善する
10.個人の生活条件に合わせて勤務調節ができるようにする
C

円滑な

作業手順

11.物品と資材の取り扱い方法を改善する
12.個人ごとの作業場所を仕事しやすくする
13.作業指示や表示内容をわかりやすくする
14.反復・過密・単調作業を改善する
15.作業ミス防止策を多面に講じる
D

作業場環境

16.温熱環境や音環境、視環境を快適化する
17.有害環境源を隔離する
18.職場の受動喫煙を防止する
19.衛生設備と休養設備を改善する
20.緊急時対応の手順を改善する
E

職場内の

相互支援

21.上司に相談しやすい環境を整備する
22.同僚に相談でき、コミュニケーションがとりやすい環境を整備する
23.チームワークづくりを進める
24.仕事に対する適切な評価を受け取ることができる
25.職場間の相互支援を推進する
F

安心できる

職場の仕組み

26.個人の健康や職場内の健康問題について相談できる窓口を設置する
27.セルフケアについて学ぶ機会を設ける
28.組織や仕事の急激な変化にあらかじめ対処する
29.昇進・昇格、資格取得の機会を明確にし、チャンスを公平に確保する
30.緊急の心のケア

ページトップへ