お知らせ

メンタルヘルス

2016年12月19日

自殺者が3万人を超え、そのうち約8千人が労働者による自殺ですが、大半の労働者の自殺の背景には、心の病があるといわれています。

 従業員が業務に起因したメンタルヘルス不全を起こし、最悪自殺に至った場合、企業は安全配慮義務を問われ、高額な賠償金の負担を命じられる傾向が強くなってきています。

 メンタルヘルス問題が急増する中、企業様は自社の実態に即した形での早急なメンタルへルス対策が必要です。その為のヒントとして、メンタルヘルスに関する情報をお届けします。

 

当事務所では、メンタルヘルス不調などの私傷病休職に対応した就業規則の作成や、社員研修等を行っておりますので、是非ご相談ください。Power Rangers live streaming film

 

メンタルヘルスに関する情報

 ・認知療法 悲観論の悪循環止める 

 ・うつ病大国日本 企業の長期休業者 68%がメンタル疾患 

 ・メンタルヘルスと法 

 ・メンタルヘルスアクションチェックリスト 

 ・メンタルヘルス不調者 4割超の企業で「増加傾向」 

ページトップへ