お知らせ

傷病手当金、出産手当金について

2016年04月4日

平成28年4月から、健康保険の傷病手当金と出産手当金の計算方法が変わります。

・傷病手当金とは?
私傷病で会社を休んだ時に、被保険者(健康保険に加入している従業員)とそのご家族のを生活を保障するために設けられた制度です。業務外のけがや病気で仕事を休んで、給与を受けられないときに申請により支給を受けることができます。

・出産手当金とは?
傷病手当金同様、被保険者とそのご家族の生活を保障するために、出産の前後の一定期間内に、被保険者が出産のために仕事を休んで、給与を受けられないときに申請により支給を受けることができます。

【平成28年3月31日までの支給金額】
~1日あたりの金額~
[休んだ日の標準報酬月額]÷30日×2/3

【平成28年4月1日からの支給金額】
~1日あたりの金額~
[支給開始日以前の継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額を平均した額] ÷30日×2/3
※支給開始日とは一番最初に給付が開始された日です。

もし、支給開始日以前の期間が12ヶ月に満たない場合は、①支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均額と、②28万円〈その年度の前年度9月30日における全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額〉を比べて少ない方の額を使用して計算します。
従って、12ヶ月の期間がない人は、最高でも28万円を使用して計算することになります。

ページトップへ