お知らせ

36協定の締結・届出

2016年12月19日

法定労働時間を守るのが原則であり、時間外・休日労働は本来は法律違反です。しかし労使協定である36協定の締結・届けを要件として、時間外・休日労働を認めたものです。

36協定が締結されたことは、労働者の代表者が時間外・休日労働に同意を与えたことを意味するからです。「労働者が同意をしたのだから、時間外・休日労働は法律違反だが、法律違反として扱わないようにしよう」。

これが36協定の効果であり、この効果を免罰的効力といいます。本来なら法律違反で罰せられるはずの使用者が罪を免れる、という意味です。

したがって、36協定の締結・届出により、法定労働時間を超えた労働が適法になるわけではないことは、注意を要します。あくまでも、法律違反は法律違反とした上で、労働者の同意を条件に、使用者を罪に問わない扱いとしたのです。

ページトップへ