助成金情報

建設労働者確保育成助成金

2017年01月6日

建設労働者確保育成助成金


建設労働者の雇用の改善や職業訓練などを行う中小建設事業主、中小建設事業主
団体に対して助成金を支給

  ●支給額
   [認定訓練]
    ・経費助成  助成対象経費とされた額の1/6
    ・賃金助成  認定訓練を受講した建設労働者1人当たり1日5,000円

   [技能実習]
    ・経費助成  技能実習にかかった実費相当額の9割
     (委託の場合は8割)
         ※岩手、宮城、福島の三県については助成率を10割に拡充
         ※1つの技能実習について、1人当たり10万円を上限
    ・賃金助成  技能実習を受講した建設労働者1人当たり1日8,000円
           ※1つの技能実習につき20日分を上限

   [雇用管理制度]
    ・整備助成  60万円

   [若年者に魅力ある職場づくり事業]
    ・経費助成(事業主)  実施経費の2/3
                ※1事業年度について200万円を上限

    ・経費助成(事業主団体)実施経費の2/3
    ※1事業年度について、中小建設事業主団体の規模に応じて1,000万円又は2,000万円を上限

  

[登録基幹技能者処遇向上コース]

・整備助成 登録基幹技能者1人あたり年額10万円
※2年目、3年目も同様に増額改定する場合はそれぞれ年額10万円を助成

 

 

[建設広域教育訓練コース](推進活動経費助成)
 事業の実施に要した経費の2/3相当額
 ただし、訓練人日2万人日未満の場合は上限額4,500万円、訓練人日2万人日以上3万人日未満の場合は上限額6,000万円、訓練人日3万人日以上4万人日未満の場合は上限額7,500万円、訓練人日4万人日以上5万人日未満の場合は上限額9,000万円、訓練人日5万人日以上の場合は上限額10,500万円。

 

 

[建設広域教育訓練コース] (施設設置等経費助成)
 職員及び訓練生のための福利厚生用施設及び設備以外のものの設置または整備に要した経費の1/2相当額
 5年間で3億円を上限。

 

 

[女性専用作業員施設設置コース]

・経費助成  女性専用作業員施設の賃借に要した経費の2/3

※一の工事現場につき同一区分の助成対象施設は1施設のみ。 一事業年度あたり60万円を上限。

[作業員宿舎等設備]
    ・経費助成  賃借にかかった経費の2/3
          ※1事業年度当たり200万円を上限

 横浜 社会保険労務士 【詳細はこちら】  

ページトップへ