お知らせ

賃金リストラ、整理解雇に失敗しない手順とは?

2016年12月22日

1. 人件費の削減には成果給、職務給、評価給といった賃金体制の見直し、変形労働時間制、裁量労働制の適用による労働時間の配分等就業規則の改定・人事評価の公平なルール作りが必要となってきます。

1. 整理解雇については、いわゆる整理解雇四要件として

 ◦ 人員整理の必要性が存すること
 ◦ 使用者が解雇回避のための努力をしたこと
 ◦ 被解雇者の選定が合理的であること
 ◦ 解雇の手続きが妥当であることが、必要であり、整理解雇が有効か否かはこれら
      の要件への該当性の有無、程度を総合的に考慮して判断されるべきとする裁判例
      があります。

ページトップへ